____
岡田 翔|Okada Kakeru 

1989年栃木県生まれ。東京芸術大学大学院映像研究科メディア映像専攻修了(2015)。

目白大学非常勤講師(2015/4〜9)、茨城県筑西市しもだて美術館学芸員(2015/10〜2016/6)、桜美林大学芸術文化群助手(2016/7〜2020/3)、中部大学人文学部非常勤講師 (2017/4〜2020/3)、国際ファッション専門職大学非常勤講師(2023/4〜)。主なディレクション、キュレーションに「アーカイブ映像制作ワークショップ」ディレクター(2017,長野県信濃美術館)、「ゲーム展TEN」(2018,立命館大学ゲーム研究センター)キュレーターなど。主な寄稿に、飯塚純『ドーナツの穴は被写体になるのか?』(2022)、『写真新世紀 vol.36』(2022)など。
主な受賞に、2019年名古屋市文化振興事業団「ファン・デ・ナゴヤ美術展2021」入賞、2022年 公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京[スタートアップ助成]、 2022年 公益財団法人小笠原敏晶記念財団 調査・研究等への助成(現代美術分野・共同研究者)など。


Born in Tochigi Prefecture in 1989. 2015 Master of Film and New  Media Major, Tokyo University of the Arts.

Part-time lecturer at Mejiro University (2015/4-9). Curator at Shimodate Museum of Art, Chikusei City, Ibaraki Prefecture (2015/10-2016/6). Research Associate at J. F. Oberlin University (2016/7-2020/3). Part-time lecturer at Chubu University (2017/4-2020/3).

For the Award."Fan De Nagoya Art Exhibition 2021"(2019)

paper companyは、岡田 翔(おかだ・かける)がパブリッシャーを務めるアートブックレーベルです。2020年から活動をはじめ、これまでに展覧会図録、写真集、図鑑などを出版しています。
paper company is an art book label established in 2020 by Okada Kakeru, and has published exhibition catalogs, photo books, and picture books.
PARTNER SHOP
【NY】
Dashwood Books
※取り扱い書籍はショップによって異なります。