____


岡田 翔|OKADA kakeru 

1989年栃木県生まれ。立命館大学映像学部映像学科卒業(2012)。東京芸術大学大学院映像研究科メディア映像専攻修了(2015)。
目白大学非常勤講師(2015/4〜9)、茨城県筑西市しもだて美術館学芸員(2015/10〜2016/6)、桜美林大学芸術文化群助手(2016/7〜2020/3)、中部大学人文学部非常勤講師 (2017/4〜2020/3)。主なディレクション、キュレーションに「アーカイブ映像制作ワークショップ」ディレクター(2017,長野県信濃美術館)、「ゲーム展TEN」(2018,立命館大学ゲーム研究センター)キュレーターなど。主な寄稿に、飯塚純『ドーナツの穴は被写体になるのか?』(2022)、『写真新世紀 vol.36』(2022)など。
受賞に、2019年名古屋市文化振興事業団「ファン・デ・ナゴヤ美術展2021」入賞など。

Born in Tochigi Prefecture in 1989. 2012 Bachelor of College of Image Arts and Sciences, Ritsumeikan University. 2015 Master of Film and New  Media Major, Tokyo University of the Arts.
Part-time lecturer at Mejiro University (2015/4-9). Curator at Shimodate Museum of Art, Chikusei City, Ibaraki Prefecture (2015/10-2016/6). Research Associate at J. F. Oberlin University (2016/7-2020/3). Part-time lecturer at Chubu University (2017/4-2020/3).

For the Award."Fan De Nagoya Art Exhibition 2021"(2019)

__________________

paper company

paper companyは、岡田翔が編集を行なうブックレーベル。これまでにキュレーションを行った展覧会の図録・作品集などを出版している。2020年から活動している。

The paper company is a book label established by Kakeru Okada in 2020. It publishes exhibition catalogs, photo books, etc.

PARTNER SHOP
【NY】
Dashwood Books
※取り扱い書籍はショップによって異なります。